忍者ブログ
[PR]
2020 / 04 / 02 ( Thu )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テーマ: - ジャンル:

12:50:25 | | page top↑
Halloween Trick!-海編3-
2015 / 11 / 05 ( Thu )
 簡単な事前説明を受けてから誘導に従って着いた席は、ちょうどスクリーンの真正面だった。

「しかし、わざわざ危険な場所に連れて行くのか」
 シートに腰を下ろしたヘンゼルは、まず聞かされたシチュエーションにぼやく。

「お話お話」
「そのうち実際にありそうな話ではあるけどね」
「いかれてる」
「怖いのかよ」
「そういう問題じゃない!」

「挑発しないの。っほら、ベルト締めて」
 理彩は溜息を吐いてピエトロの席のシートベルトに手を伸ばした。
「自分でできる!」

「はしゃぐなよお子様」
「ヘンゼルも!」
 鼻で笑うヘンゼルの足を、茅紗はぎゅむっと踏みつけた。

 幸い、キャストのベルトチェックが始まったためそれ以上の言い合いには発展せずに済んだ。


 実際に上映が始まってしまうと、気に喰わない同行者の事は忘れてしまったように、ピエトロもヘンゼルもこのバーチャルな演出を楽しみだした。目を輝かせている彼らを横目に、理彩や茅紗は安堵の息を吐く。

 勿論、彼らの現在置かれている環境の技術と比べたらチープなものだ。けれどだからこそ「お遊び」として見ることができたようだ。

「うわっ⁈」
「きゃあっ⁈」
 観客から歓声半分の悲鳴が上がったのは、上映の後半だった。

 搭乗機が故障して着水するシーン。座席の振動とともに一部の席に水が噴きかかったせいだ。真正面の席にいた四人もこの水の洗礼を受けた組となった。

「結構来たわー」
「うわってまた色気ないひめ……」
 からかうように言いかけたピエトロが、理彩を振り返った途端にやにや笑いを固まらせて口を噤んだ。
「え、何?」
 理彩は眼鏡の水滴をハンカチで拭いながら首を傾げる。
「……出るぞ」
 ピエトロは彼女の眼鏡を取り上げると、代わりに自分のジャケットを脱いで理彩に押し付けた。

「わ、なに? って!」
「とりあえず、出よ?」
 戸惑う理彩を茅紗が促して、四人はアトラクションを後にする。

「そろそろ眼鏡返してほしいんだけど」
「着ろよ! 持ってないで」
「理彩さんっ、透けてるから!」
 より明るい場所に出て事態を把握したのは茅紗だ。彼女にこっそり耳打ちされて、理彩は慌てて自分を見下ろした。

「うわ……」
 白いブラウスを着ていたのが問題だった。しかも四人の中でも一番多く水を被ったのは理彩だったようで、濡れて張り付いた布の下からはくっきりと下着の線が見て取れる。

「トロ臭いんだよ、おらっ」
 理彩が動くよりも早く、業を煮やしたピエトロは押し付けたジャケットを取り上げて彼女に被せた。頭からすっぽり覆い隠されたそれは、ほとんど連行される容疑者のよう。
「っ苦しいんだけど!」
 数秒おいて、理彩はもぞもぞ顔を出して文句を言った。
「モタモタしてるのが悪い」
「それと眼鏡!」
「仕事じゃないんだから必要ないだろ?」
「いる。見えない」
「そんなに目、悪いのかよ?」
「言っとくけどピエトロの顔もぼやけてるから、いま」
「この距離でか? 酷いな」
「ド近眼なのは今更だから返して」
 半眼で睨みあげる理彩。ピエトロは楽し気に唇の端を上げて彼女を覗き込み、
「返してやれよ、大人げない」
若干苛立たし気なヘンゼルの声が彼の行動を止めた。

「──ほらよ」
 ぞんざいな手つきで、ピエトロは理彩に眼鏡を突っ返す。
「……有難う」
「早いとこ乾かした方がいいな」
 ヘンゼルは肩を竦めた。

「そうだ、じゃ、これなんてどう?」
 その横からマップを提示したのは茅紗だった。

「天気良いし、程よく風に当たれば乾くの早いよ」
PR

テーマ: - ジャンル:

22:11:40 | 如何しようか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<9月28日と11月3日の分の… | ホーム | Halloween Trick!-海編2->>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ