忍者ブログ
そこに至るまでの七夜6
2014 / 05 / 21 ( Wed )
 気が付いた場所は、どちらかといえば群島かリィンバウムのどこかを思わせるような小村だった。

 戦災孤児の一人として私が引き取られた先には、同じ年くらいの穏やかな性格の男の子がいた。
 男の子の名前はエト。村には他にも同じくらいの年齢の子供が何人かいたけれど、騎士の子だというパーンがエトの一番の仲良しだった。
 エトは至高神ファリスに仕える神官となるべく修行を積んでいる子で、パーンは騎士を志して体を鍛えていた。治癒系と物理系ときたら魔法系かなぁ、とバランスを考えて、賢者の学院へ進んでいたスレイン宅へ忍び込んで私は魔術の勉強を進めていた。

 スレインが村で隠遁生活を送るようになってからは勿論、忍び込むなんてできなくて、正直に教えてほしいとまとわりついて押しかけ弟子の地位をもぎ取った。スレイン兄てば村の女の子に問答無用で魔法攻撃仕掛けてこようとするんだもの、つい流水の紋章で対抗しちゃったよ。おかげでその魔法は何だ、みたいに問い詰められてちょっと辟易した。エトを盾にして許してもらって、代わりにエトから説教を喰らった。
 のどかな生活だった。

 独り立ちしても良いくらいに成長して、つまりはそろそろどこかに嫁に行けと言われるくらいの年齢になって、私は冒険の旅に出るエト達にくっついて村を離れることにした。
 ゴブやホブゴブ程度で苦戦している彼らの事が心配だったし、仲の良いエト、パーン、スレイン兄がいなくなる村にあまり魅力は感じなかった。
 旅には他に、近くのマーファ神殿から攫われた侍祭を探すドワーフのギムも同行した。

 トラブルホイホイであるパーンの働きでハイエルフのお姉さまが仲間に加わり、胡散臭い盗賊のウッド・チャックも加わった。主要メンバー勢揃いで迎えたクエストは、攫われた侍祭ならぬ神聖王国ヴァリスの姫君を助け出す快挙となった。これをきっかけに、後に英雄戦争と呼ばれることになる動乱の真っただ中に飛び込んでいくことになったわけだけれど、私はどうにも乗り切れなかった。

 ハイエルフのディードには、私の隠し持つ力の事やペルソナの事が漠然と見えているようで常に警戒されていたし、フレイムのカシュー王や名だたる剣の使い手達からは、身のこなしが魔術師じゃないと興味を惹かれ、パーンよりも先に仕官の話を貰いそうにもなった。
 途中からは開き直って「戦う魔法使い」なんて未来の誰かさんが自称する名乗りをあげるようになったけど、もやもやする気持ちはずっと胸の奥にくすぶっていた。

 私は作戦の都合上、他のパーティメンバーとは別行動することが多くなっていった。
 その方が気楽だったし、フレイム騎士の剣技を眺めたりしていると気が紛れた。勿論、単独で与えられた仕事をこなしている間は集中せざるを得ず、余計なことを考えている暇もなくなった。

 だから私は、英雄戦争の終結間際にも、エトやパーン達とは離れたところに居た。
 父王を喪い悲しみに沈むフィアンナ姫を慰めるエトを、シャダムの後ろから見ていた。


「要するに、あなたは少し前までの私と同じなのね」
 久しぶりに合流したディードは私に溜息を吐いた。

「自分の気持ちに臆病になっている。本当はとっくに、気付いている気持ちに、ね」
 そんなことを言われても、どうしようもなかった。
 だから私は笑ってごまかして、カーラとの最終決戦に加わった。それがこのパーティでの最後のクエストになることを知っていたから。

 この戦いが終わったらほどなく、エトはヴァリスで神官王として推挙される。王妃はフィアンナ姫──それが正しいロードス島の歴史。それを覆す度胸を、私は持ち合わせていなかった。

 代わりに私がしたことは──

 仲間達一人一人の驚愕の顔をはっきり覚えてる。
 命を落とす運命だったギムは、紋章の力で存えさせた。戦いの行方がどうなるにせよ、私が全力で叩き折ったフラグの結果、私がこの場所に居られる時間は残り僅かと想像できたから、出し惜しみなくあらゆる力を使った。
 一番驚いていたのは、幼馴染の二人だった。スレイン兄はあまり驚かなかったけど。

 いや、彼らが驚愕したのはそんな事ではなくて。

「後始末はよろしくね?」

 すばしっこさが売りのウッドをすら出し抜いたことにほくそ笑んで、私はセルフオーバーコントロールを発動したままに、カーラの意識が籠ったサークレットを額に装着した

 肉塊の中に埋もれたサークレットを、流石のウッド・チャックも改めて額に嵌めようとは思わないだろう。
 私がしたことは、ウッド・カーラの暗躍を未然に防ぐことだった。



 私がしたことは、大好きな幼馴染達にこの上もないトラウマを刻みつける行為だった──


 真っ青な顔のエトを見て、初めてそんな単純な重罪に気付かされた。
続きを読む『阪上様は、もしやマゾの気がおありですか?』
「……うるさい」
 モニタに表示された言葉に力なく反論して、私はその場に立ち尽くした。

 前に肉塊になった時同様、痛みを感じる暇もなかったけれど、全身はひどく震えて身体が思うように動かせなかった。

『復元はさせていただきましたが、細切れになった感覚は本能的に全身に刻み込まれているようですね。
 老婆心ながら、あまりそのお力はお使いになりませんようご注意申し上げます』

「身に染みてる」
『それでは、次の世界へご案内いたします。
 阪上様の身を犯す意味で他者を操る力を持つ者が殆ど存在しない世界ですので、ご安心ください』

──殆どってことは皆無ではないわけで、安心させる気があるのかどうか微妙なコメントだった。
PR

テーマ: - ジャンル:

23:04:30 | 如何しようか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そこに至るまでの七夜7 | ホーム | 「そんな僕ら~」追加>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ