忍者ブログ
パラドックス
2008 / 05 / 12 ( Mon )
 使い勝手のいい設定。
 松岡綜合事務所と双龍舞は何かと重宝するのですが、今松岡関連のSS下書きしていて愕然となりました。
 学園七不思議……あの常にリンク切れたままで置かれてるあの設定、ものすごく恐ろしい罠が潜んでる!!(永遠ifも!)

 と、いうのは……詩子が二十代後半になる頃には既に隣の高科道場共々荒廃しきっている亜都家があるわけですが、そこに絡む人々の年齢設定が思い切り歪んでいることに今更気付きました。
 まぁ、亜都家というより高科道場が問題。

 年齢設定でいえば詩子>舞>想=来 で惣やら和音やら麻人やらは来よりも年下かも? っていうくらいのつもりでいました。
 でもねー、彼らの十以上年上の松岡職員が、舞の息子の教え子っていう設定だったんだよねー……で、当然学園七不思議もそのつもりでプロット立ててた。しかし、彼が教え子でなければ高科道場のことは肩ってもらえず、しかし彼が教え子なら年齢があわない。それに彼が教え子なら少なくとも詩子が40過ぎるくらいまでは高科道場もこざっぱりとしてなかったらおかしいし。でも、教え子じゃないとなるとそもそも学園七不思議が成立しない。(だって麻人の学校の七不思議は「彼」の在学中の出来事がきっかけ)くそぅ、誰の設定が矛盾のきっかけだ? 円花か?!

 とりあえず、振るい設定ほど慎重に使わねばならないと今更に思い知らされたりしてみた。
 
PR

テーマ: - ジャンル:

23:57:23 | 世界設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミリアム・アーチャー | ホーム | 長月姉弟>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ