忍者ブログ
深淵ヒロインの譜術特性とコメントお礼
2015 / 04 / 29 ( Wed )
 登場早々からジェイドにヘンテコ呼ばわりされているヒロインの譜術について、手元のメモも見当たらなくなってしまったので(泣)改めてまとめ直します。

・一応第七音素譜術師

・第一音素(闇)は普通に詠唱して平均的な威力

・第二音素(土)は詠唱なしで普通の威力、詠唱で威力や精度等を高めることもできる

・第三音素(風)は普通に詠唱が必要で、そこそこに高威力

・第四音素(水)は攻撃力が1未満でただ水浸しにするだけ。しかも通常より長い詠唱が必要

・第五音素(火)は普通に詠唱が必要で、威力は控えめ。

・第六音素(光)は詠唱破棄可能だが威力は弱い

・第七音素は独特の長い詠唱と集中力が必要。
※音素を外部から取り込むことなく体内の第七音素を費やしているため使用すると死ぬほどお腹がすく。自分に対するよりも他者に対する方が消費が激しく、喪われたエネルギーを補給するには自分への発動の時の数倍の飲食物を必要とする。

……第三、五、六の詠唱と威力の組み合わせは別だった気もするけど資料がないし、まだ出てきていないので取り敢えず今後はこれを念頭に使わせます。もともとオールドラントの存在ではないので音素の扱い方がちょっと変わってます。ジェイドが「ヘンテコ」呼ばわりするのはそのためです。

 プロローグで使ってたセイントバブルで森林破壊が起きなかったのはこの特性による効果です。
 ストーンブラストとかストーンウォールの使い方を見れば第二音素の自在さ加減は明らかだったかと思います。
 ネガティブゲートやブラッディハウリングは普通に詠唱してました。

 取り敢えずまた本編に何か出てきたり思い出したことがあったらこの記事編集して追記します(*ノωノ)
続きを読む4月26日に頂いた分

mo-様>

応援ありがとうございます。
ファラミア、読み返すほどにカッコいいのでつい贔屓してしまいます(*-ω-*)
三月ほどとはいかないかもしれないですが頑張って更新しますので今後ともよろしくお願いします
PR

テーマ: - ジャンル:

00:58:27 | 拍手お礼 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<忍び返し「そんな僕ら~」追加 | ホーム | ばさらん・14>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ