忍者ブログ
高科来
2006 / 12 / 14 ( Thu )

 ユージェリア生まれのユージェリア育ち。
 高科家の長男として育てられますが、金髪碧眼という目立つ容姿ゆえに小さい頃からよくからかわれたりいじめられたりしていました。自分をかばったり励ましたり鍛えたりしてくれた姉と、亜都家の上二人には頭が上がらず。過去の自分と同じくいじめられがちな想のことは、自然と支えてやらなきゃとちょっとしたナイト気取りだったことも。
 こんなナリなのに一番の苦手科目は英語。ORIGIBNAL BOOKでは髪を切って、さらにヅラで黒髪になりすましてますが、もともとはこんな三つ編みキャラでした。

 ここだけの話、ORIGINAL BOOKの舞台はユージェリアではありません。限りなくユージェリアに近い世界というだけ。だからこそ誰かさんが行方不明、なのですが。


続きを読む
 身体を動かすことは好きで、兄弟子や師範(=父や祖父ら)を尊敬していましたが、兄弟子が出て行ったり、自分が実の子供ではないことを知らされたりいろいろショックを受けて、高校半ばに一人暮らしを敢行するにいたりました。
 小さい頃からお姉さま方に囲まれていた影響か、年上好み。

 設定を離れたところでは、テキトーに落書きしやすいデザインだったりします。かーなーり久々に描いたのにもかかわらず、絵の苦手な私がタブレット直書き数十分(1H未満)でアップロードまで完了したくらい。だっておっきーの色ちが……

PR

テーマ: - ジャンル:

02:55:06 | 人物関連 | コメント(0) | page top↑
<<浅沼 次弘 | ホーム | 異常事態が発生するあたりに住む人々の人間関係>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ