忍者ブログ
28週後……の感想というか管理体制に対するあれこれとかいつもの奴。
2015 / 09 / 01 ( Tue )
 例によって徒然。続きを読むから先は例によってヒロイン追加投入の展開思考。

 Wikiさんによると前半の主人公ってドンらしいねぇ。全然そんなつもりで観てこなかったけど。
 タミーとかアンディが主人公っていうなら納得するんだけどな。ドンのは単なる導入部でないかな。
 ジェレミーファンでなかったとしてもドイルの存在感はあの物語の中のヒーローとして間違いなく印象付けられただろうしね。

 感染者多発してパニック発生後、皆殺し宣言をした軍上層部は評判が悪そうだけど、あそこまで混乱してしまったら確実な防御策としては皆殺し以外の選択は時間的にもなかったろうなと、その部分の判断の速さは評価に値すると思ってる。
 問題は、そんな状況に至るまでの対応のまずさだよね。その対応のまずさが妙にリアルで、寧ろ怖いのはそういうところかもしれないなと思いながら見てた。

思いつくままに対応の穴とか
1)アリスが保菌者の可能性が高いことは、家族であり地区の管理責任者でもあるドンに早い段階から知らせておくべき内容だった→知らないから易々と接触しようとしたわけだし
2)隔離対象者の部屋には、ドンを含め誰か一人の認証だけでは出入りできないような制限設定をしておくべきだった→一人で権限揃ってるからこっそり入り込むことができたわけだし
3)万一に備え、感染者発生時の対応について全帰還者に周知し協力を求めておくべきだった→いきなり一か所に押し込められて電気も消されたらその時点でパニック発生するでしょうが
4)避難スペースはいくつもの隔壁を設けた数人単位の小部屋にすべきだった→血液・体液の接触感染なんだから、不特定多数の人間が入り乱れる空間は危険以外のなにものでもない
5)子供達と逃げる段階で、スカーレットは子供達にアリスがどういう存在だったのか明かしておくべきだった→いつまでも一緒に行動できると考えるのは楽観的すぎる。万一はぐれた時のために保険として共有は必要。
6)子供達が噛まれたり血を浴びた場合の対応も伝えておくべきだった→豹変しなかったとしても保菌者になってる可能性があることは知らせておかないと危険でしかない。
7)ドイル君も何故子供二人を優先して脱出させたいのかをフリンに共有すべきだった→感染エリアが拡大したのってフリンがアンディ達を全く警戒してなかったせいだよね


 大局的に見ればドイル君の行動は蛮勇に過ぎず、スカーレットの行動も周りが見えてないと言わざるを得ない。行動動機そのものはどんなに正しいものであったとしても、二人の頑張りが結果的に被害を拡大させたわけなので……それでもやっぱり二人の行動にこそ共感してしまうし、あの姉弟には幸せになってほしかった( 〃..)そしてホラーとかスプラッタとかいうよりも人間のもの悲しさを感じずにはいられなくなるのです(★´・ω・):;

感想はおしまい。
下にはそれを踏まえて、原作知識有トリップヒロインならどう動くかなっていう妄想が続きます。ネタバレありってことになるかな
続きを読むトリップヒロイン:タイミングは姉弟が来るよりも前。最終確認位の生存者グループに混じって発見された。
現在の状況を把握したヒロインはまず、ドンを消すことからはじめそう。
ドンを消そうとする→失敗して捕まる→事情聴取で荒唐無稽な話をしたせいで精神錯乱状態と判断隔離→ヒロインの言葉通りの場所でアリス発見→ヒロインの言葉通りにドンの子供達も帰還→スカーレットがヒロインに興味を持つ→スカーレットを引受人としてヒロイン釈放→ヒロインの進言に従って隔離部屋強化→それでもドンが見張りを丸め込んでアリスと接触、感染→パニックが広がる中スカーレットや子供達と合流するが、「パパを殺そうとした人」として子供達からは警戒される→ドイルの提案した囮はサムが怯んでる間にヒロインが実行→公園ではフリンへの事前共有を求めようとするが、ヒロインの事を知ったサムがスカーレットや軍の体制などに絡み始めてぎすぎすした雰囲気に→ヘリと感染者集団到着時は鞄に準備してた火炎瓶(高濃度アルコール+ライター)で感染者の足止めに貢献→化学兵器が使用されるより一足早く車へ乗り込むが、エンジンがかかるより前に感染者に取り囲まれる

この先ノーマルエンドなら、ドイルの代わりにヒロインが車を押そうとするけど力が足りず二人揃って焼死エンド とかそれに類する展開をいくらでも考えられる
けれどそれでは悲しすぎるので敢えてあり得ないハッピーエンド

多少早くからエンジン始動を試みていたので、ドイルが外に出ようとする直前にエンジンがかかって走り出す→スタジアムの入口は車で駐車場に乗りつけるのではなく車を寄せてがれきなどをよじ登って外壁からスタンドに侵入→よじ登ってる最中に追いついてきたドンをドイルが撃退→誰も噛まれないのでそのまま5人で脱出
アンディの服についた血と子供達の血でスカーレットは研究を続行、ワクチンを完成させる→ヒロインはそのままスカーレットのもとに留まって、タミーと共に最初のワクチン接種者になる※別室に待機したドイルが、万一適合せず暴れ出した場合の保険として銃を構える仲での接種
ワクチンはその後日を置いてスカーレット、ドイル、フリンら脱出メンバー全員が接種。成功して体勢が付いたことにより、みんなそろってロンドンへと戻される。派遣軍内部の調査チームとして、監視下での研究や安全エリア確認の任を負う。派遣軍のメンバーは数人ずつ、数週間おきにワクチン接種組になっていく。ワクチン接種したグループは長期経過観察として、未接種の人達との接触に制限が付けられる→タミーはモテモテになりそう。

このハッピーエンド展開だと、エンディング後の話の方が長いことになりそうだ。
そして夢脳言いながらドイル君とのラブラブエンディングとかは思いつけないでいるよ
PR

テーマ: - ジャンル:

01:10:52 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香月亭-雑色の蔵-28週後の思い付き展開断片 | ホーム | 昨日寝ぼけ頭にふと浮かんできた厨二感あふれるキャラ設定>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ