忍者ブログ
島原惣
2007 / 07 / 15 ( Sun )

 ユージェリア生まれのユージェリア育ち。
 松岡総合事務所に所属する幻獣使いで、別名は松岡惣羅。仕事でよく組まされる広瀬麻人とは一つ違いの年上だが、恐らく一番の友人。
 神代学園中高を出、大学は朴西大。高校時代にはアルバイトの傍ら生徒会副会長も勤めており、方々からの人望がそれなりにあった様子だが、一方で「猫先輩」「美人先輩」「不思議先輩」「奇人君」等おかしな綽名で呼ばれる事もしょっちゅう。
 額に傷痕があり、それを隠すために前髪を長く伸ばしている事はわりと有名。何も無いところを見つめていたり、一人で何かを喋っているところが目撃された結果が前述の綽名の元となっているようだが、概ねは怪我の後遺症と受け止められている。

続きを読む 実際のところ、彼の片目は幻獣との契約の証として、行使する力によって色を変えるため、周囲にばれないように前髪で隠している。勿論、彼が見つめる先には何かがあるわけであり、一人で喋っているように見えるときは幻獣との会話が行われている。
 少し歳の離れた従兄を中学ぐらいまでは実の兄のように(或いはそれ以上に)慕っていた。この従兄を事故で失ったことが、その後の惣の性格に大きく影響している。それまでは、なかなか鼻持ちならない坊やだったので、当時を知る人間にとっては投票で生徒会副会長に選ばれた事がかなり衝撃的だったらしい。また、額の傷痕はこの頃にできたもの。
 幻獣の力を利用すれば世界間を移動する事も可能であり、ユージェリアに紛れ込んだ異世界人を送り届けたり、異世界に紛れ込んだユージェリア人を手助けする事もある。但し世界移動は彼の身体に大きな負担を与えるため、大抵は補佐役や繋ぎ役に徹する。能力評価にはわりとシビアなので、そのような時には相棒の麻人ではなく、和音を頼ることにしている。異世界での標準装備は額当て。

出現作品『I~シリーズ』松岡総合事務所関連

PR

テーマ: - ジャンル:

14:24:56 | 人物関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<広瀬麻人 | ホーム | crystallist主人公基本ルール>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ